住宅ローンQ&A
住宅ローンQ&A

住宅ローンの控除って?

住宅ローンQ&A | 07月28日更新
?>

住宅ローンを借りる際に、住宅ローンの控除が出来るということをご存知でしょうか。
実は、住宅ローンを借りる際に、毎年年末調整で控除が出来るのです。
ここでは、住宅ローン控除が受けられる条件についてお伝えします。

まず、住宅ローンの条件として必要なのが、入居の時期です。
昔から入居されていて住宅ローンを支払っていて、それが住宅ローン控除を受けられるようになるわけではありません。
具体的にいうと、2014年4月から入居されている場合に適用されます。
またこの住宅ローン控除はいつまでも適用されるというわけではなくて、期限としては2019年6月までが適用の範囲と言われています。
こちら分かりづらいですが、20199年6月までに入居されれば、住宅ローン控除が適用されるということになります。
ただし、こちらは今の税制なので、この期限についても後ほど変更があるかもしれません(実際、この2019年6月という期限は当初から1年半延長された期限)。

では、上記の期間内に入居された住宅はずっと住宅ローン控除が受けられるのでしょうか。
答えはいいえです。
こちらも期限が決まっていまして、10年間所得税から控除されるということになっています。

さて、では10年間所得税から控除される住宅ローン控除なのですが、具体的にどのくらい税金が控除されるのでしょうか。
こちらは、年末の住宅ローン残高から1%が控除されます(一般的な住宅であれば年間40万円の控除が最大)。

「毎年、最大40万円が所得控除?それってどのくらいお得なの?」
なかなかイメージがわかない方もいるかもしれません。
所得税はその本人の所得によって違いますが、所得税が20%がかかるとします(所得が330万以上695万円以下)。
40万円×20%=8万円
大体な目安になりますが、年間8万円税金がお得ということになります。
これが10年間になりますので、最大8万円×10=80万円お得ということになります。
もちろん、毎年の控除額は年末の住宅ローン残高×1%であるので、控除額は年々少なくなる傾向になります(住宅ローンの残高が年々減っていく傾向があるので)。
ですので、上記のような計算になることはあまりないと思いますが、とは言っても十分お得な制度と言えるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.

住宅ローンQ&A

住宅ローンに関する知識をしっかりと、おさえられていますか?こちらでは、最低限おさえておくべき住宅ローンに関する情報をお届けしています。

最新記事 by 住宅ローンQ&A (全て見る)

top